未分類

魚をおいしく!サメのあづま煮

こんにちは!れもんです(^^)

今日は

「サメのあづま煮」

の紹介です。

まずは「サメって食べられるの??」

と思いますが、食べられます!

昔は臭みがあって避けられていたみたいですが

今は臭みもなく、揚げ物にするととってもおいしく食べられますよ!

しかもとっても安い!

安くておいしいものが食べられるのは嬉しいですね☆

サメといってもいろいろ種類がありますが、食用に売られているのは主に

「もうかさめ」

というサメの種類です。

次に「あづま煮」ですが

給食ではよく出てくるメニューの1つで

「角切りにした魚を下味付けて、片栗粉をまぶし揚げる。揚げた魚を甘辛いたれで和えた料理」

です(^^)

魚が好きではなくてもどんどん進んでしまう料理です♪

ぜひ試してみてください。

今回紹介するあづま煮はサメ以外でももちろんOKです!

めかじきやカツオなどで作ってもおいしいですよ☆

サメのあづま煮 材料

さっそく材料を紹介します!

材料(3人分)

  • サメ 2切れ(300gくらい)
  • 片栗粉 大さじ6
  • 小麦粉 大さじ2
  • ごま(お好みで)少々

(魚の下味)

  • ショウガ 少々
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ1

(あえるタレ)

  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 小さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 砂糖 小さじ2

サメのあづま煮 作り方

次に作り方を紹介します。

あづま煮は普通魚を揚げて作るのですが、家庭料理なので、油多めで焼きました。

作り方

  1. サメを2~3㎝の角切りにする
  2. 切ったサメに下味をつける                                               
  3. 小さめの鍋を用意し、タレの酒とみりんを入れて火をつける
  4. アルコールが飛んだら砂糖としょうゆを入れる(タレ完成)       
  5. サメの汁をよく切る(ペーパーなどで拭いてしっかり水気を取ってください)
  6. サメに片栗粉をつける
  7. フライパンを用意し、多めの油でサメを焼く(弱火で4分くらい)
  8. 焼きあがったら油を切り、タレに絡める                                 
  9. ゴマなどをふって完成!

★完成品はコチラ★

  • タレのアルコール分をしっかり飛ばさないと食べたときにアルコール臭が気になるかもしれません。しっかり飛ばしましょう。
  • サメを揚げる前に水分はしっかり取ってください。取り方があまいと片栗粉が大量に必要になり、揚げあがりもべたついてしまいます。
  • タレは魚が熱いうちに必ず絡めてください。冷めてしまうと絡みにくいです。

まとめ

今回は

「サメのあづま煮」

を紹介しました!

魚はサメでなくてもOKです!

魚があまり好きでなくてもから揚げの味と甘辛いタレでおいしく食べられる料理です(^^)

魚料理の1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

ぜひ作ってみてください☆

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

 

 

 

ABOUT ME
れもん
サイトを訪れていただきありがとうございます☆ 「食べる」は楽しい☺️ 元栄養士/給食調理員です 「子どもたちに人気のおかず」と「子どもと一緒に作れるお菓子」を紹介します☆ 食べる楽しさ、作ってみる楽しさを感じていただけたらと思います♪ 給食調理で知ったお役立ち情報や時短方法なども紹介します。 その他、日常の出来事なども載せています☆