休憩室

放っておく調理♪便利!保温調理器のメリット・デメリット

こんばんは!れもんです(^^)

調理をするうえで

「時短」

大事ですよね☆

時短も大事ですが、常にキッチンにいて作らなくてもいい

「放っておく調理」

も時短家事の1つになるかと思います!

なぜなら

勝手に調理してくれているので

他のことができるからです♪

そんな放っておく調理を可能にしてくれるのが

「保温調理器」

です!(「シャトルシェフ」という名前のものが有名です!我が家で使っているのもシャトルシェフです)

大活躍している調理器具の1つです!

2年前になんとなく買ったのですが

これがとっても便利!

そんな保温調理器のメリット・デメリットについていくつか発見したので、それぞれについて紹介したいと思います!

保温調理器のメリット・デメリット

保温調理器のメリット

  • 放っておいても料理ができあがる
  • 煮崩れしない
  • 肉などが固くならずにやわらかく仕上がる

保温調理器のデメリット

  • 調味料をたくさん使う
  • 時間がないときは使えない
  • 少なく作りたいときには向かない

メリット・デメリットをそれぞれ3つずつあげました。

1つずつ紹介する前に簡単に保温調理器を紹介します!

保温調理器は鍋と外側の保温する入れ物、2つのパーツでできています。

内側の鍋は普通の鍋として使えます。(とても保温性が高い厚底鍋です。)

外側の保温用の入れ物は加熱不可で、鍋を入れる専用のものになっています。

この保温容器に鍋を入れて使います。

 

基本的な使い方は

  1. 鍋で普通に材料を煮る(短時間)
  2. 保温調理器に入れて待つ

です。普通の鍋で作るときの

「煮込む」

という時間のかかる作業を保温調理器が勝手にしてくれます!

保温調理器のメリット

では、メリットについて紹介します♪

放っておいても料理が出来上がる

保温調理器で料理を作る場合は

最初材料を鍋に入れ火にかけて短時間加熱し

そのまま保温容器に入れます。

保温容器に入れたら見ていなくても大丈夫☆

ガスやIHの調理だと見ていないとですよね・・・

焦げたり、火の心配をしたり、水がなくなってしまって味が濃くなってしまったり・・・

ということはありません!

保温容器に入れたら別のことをして

鍋のことは気にしなくても

時間がたてば出来上がっています(^^)

時短にはならないけれど

放っておいて別の作業ができるのは

とても嬉しいです☆

保温性も高いので、長時間放置もできます。(8時間くらいまで)

朝保温容器に入れて

出かけて帰ってきたら料理が出来上がっている!

ということも可能になります(^^)

煮崩れしない

煮物やスープなどで、特にじゃがいもなどが煮崩れてしまうと

悲しいですよね・・・

崩れてOKな料理なら良いのですが

形を残したい料理の時は困りますね。。。

そんなときに保温調理器は嬉しい味方です!

保温容器に入れれば材料が動くことがないので

(材料が動いてぶつかって煮崩れてしまいます)

煮崩れることはありません!

形が残っているのに

しっかり味の入った材料の煮物やスープはおいしいですね☆

肉などが固くならずにやわらかく仕上がる

この点は特に肉料理についてなのですが

肉を長時間煮込むと固くなってしまうとき、ありますよね・・・

スープや他の具材にお肉の味がしみ込んでおいしくなるのですが

肝心のお肉が固いと

うーん、、、となってしまいがちです。

保温調理器で調理すると

肉が固くなりにくいです!

柔らかく仕上がりますよ~☆

 

ここまでメリットを3つ紹介しました(^^)

保温調理器のデメリット

もちろん保温調理器にもデメリットはあります。

調味料をたくさん使う

保温調理器で料理をする場合は

調味料をたくさん使います。

本当にたくさん使います。。。

スープ類ではあまり感じないのですが

特に煮物類は

「こんなに必要なの?!」

と思うくらいです。

調味料をたくさん使う理由は

「スープや煮汁に浸かっていない具材は煮えない」

からです。

普通の鍋で作る煮物は

煮汁が少なくても落し蓋などをして

煮汁を対流させるので煮汁が少なくても具材が煮えます。

しかし保温調理器は対流することがないので

煮汁に浸かっていないところは煮えづらく、味も入りません。

すべての具材を煮汁に浸かるようにするには

かなり大量の調味料が必要です。

料理にもよりますが

煮物だと2~3倍くらい必要な料理もあります。

保温調理器をたくさん使っていると

「調味料がすぐなくなる!」

ということが起きるかもしれません。。。

時間がないときは使えない

保温調理器で料理をするには時間が必要です。

保温調理器での調理は内鍋を加熱した後

保温容器に1~3時間くらい入れて調理するものです。

なので、時間がないときは作れません(T_T)

帰ってきて「今日はどうしよう」と思ってからでは使えないし

「朝忙しいときに夕飯の準備なんて無理!」

と思うこともあるかと思うので

ちょっと使える場面を狭くしているかもしれません。

使える場面でもう1つ付け加えると

煮込み料理以外には使いにくいです。。。

 

少なく作りたいときには向かない

これも「保温」で作るので仕方のない部分にもなりますが

量が少ないものは作りづらいです。

理由は量が多いほど保温性が高いからです。

量が少ないと冷めやすいです。

保温容器と言っても加熱してくれるわけではないので

少ないと冷めやすくなります。

冷めてしまうと調理はできなくなってしまうで

時間はたったれど

「煮えてない!!!」

ということが起きるかもしれません。

わたしも少量調理で失敗しました・・・

煮物だったのですが

少量で作りたかったので

鍋に1/4ほどの材料を入れて保温容器に入れておいたのですが

煮えていませんでした。。。

具材が固かったので慌ててガスで調理しなおしました。

余計に時間がかかってしまいました(^^;

 

まとめ

保温調理器のメリット・デメリットを紹介してきました!

デメリットもありますが、それでも放っておいて料理が出来上がっているのは嬉しいです☆

我が家では大活躍です!

大量に煮込み料理を作って保存して小出しにしています(^^)

作っているのは

煮豚、肉じゃが、筑前煮、などです☆

参考になれば嬉しいです!

※今回紹介したシャトルシェフは2年前のものです。

↑今はこのような形と色になっているみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

ABOUT ME
れもん
サイトを訪れていただきありがとうございます☆ 「食べる」は楽しい☺️ 元栄養士/給食調理員です 「子どもたちに人気のおかず」と「子どもと一緒に作れるお菓子」を紹介します☆ 食べる楽しさ、作ってみる楽しさを感じていただけたらと思います♪ 給食調理で知ったお役立ち情報や時短方法なども紹介します。 その他、日常の出来事なども載せています☆